太陽光発電の開発や普及

太陽光発電とは言い換えれば、太陽電池を利用して、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。

また太陽光発電はソーラー発電とも呼ばれます。

もしかしたらこの太陽光発電と言う名称よりも、ソーラー発電と言う名称の方が、皆さんには通りがいいかもしれません。

私達の地球上には、実に数あるエネルギーの種類が有ります。

そんな中でもこの太陽光発電は再生可能エネルギーの一種です。

言うまでも無く、この太陽光は無限の資源である、と言ってもよいのです。

太陽光発電はそんな無限に降り注ぐ太陽のエネルギーを利用した発電方式の形態の一つです。

そんな太陽光に対して、石油や石炭等は限り有る資源です。

例えばあと数十年で石油は枯渇すると言われて、随分久しくなっています。

そうした石油や石炭等の限り有る資源に代わる形で、私達人類は「限りないもの」をエネルギーとして活用する方策をずっと長い時間研究されてきました。

その結果たどり着いた結論の一つが太陽光発電だったのです。

皆さんも御存知のように、毎日地球に燦燦と照りつける太陽光等は、限りないものの一つです。

Comments are closed.